« Ash | トップページ | Breakbot »

2008年9月15日 (月)

Friendly Fires その3

< 2008. 09. 04 @ Fleche d'Or, Paris >

先月末レディング・フェスティバルでステージを見たばかりではあるが、パリの Fleche d'Or にやってくる、というのでまた Friendly Fires のライブに足を運んでみた。

今年のアタマ2月にはこの街で有料公演をおこなっていたし、まもなく11月にも再び大きなインディ・イベントで再度「来仏」するにもかかわらず、無料ライブを見せてくれるというのは太っ腹なものである。

会場は混んではいたが、どうにもならないほどのカオスということでもなく、今回初めて彼らをステージの最前列から鑑賞することができてとてもよかった。なにがよかったかというと、フロントマンの Ed が着ているニット・セーターがどのようなデザインのものか間近で観察できたことがよかった。ステージ登壇前に彼がオレの目を横切ったので、素材感もなんとなくだが確認できた。

実はレディング・フェスティバルで彼らを観たときに Ed の着ている洋服がかなり気になっていたのであるが、混雑した会場では遠めに眺めるしかなかった。ところが彼自身もこのニットはお気に入りと見え、全く同じものを2週間後のこのパリでも着てくれたのである。自分で洗濯したのかなあ。まあ、いずれにしてもおかげで、自分のアタマの中にだいぶ「どのようなデザインか」のイメージができた。そう、オレは年甲斐も無く芸能人のステージ衣装を参考にしながら自分の洋服を選んだりすることが多いのであった。そんなの実際買っても、あまり着る機会ないけどね。いや、おはずかしい。以上です。

Dpp_0001_2

@ Fleche d'Or

このヒトのいわゆる「スラックス」ファッションには、なんとなくひきつけられるものを感じる。

ところで、アメリカで Wii のTVCMに使われているという [ On Board ] や、ご当地ソング [ Paris ] よりも、ニューシングルである [ Jump In The Pool ] の人気が高かった。というか、歓声の大きさが圧倒的に違った。先日のエントリー( Friendly Fires その2)で書いたばかりだが、サンバリズムはラテンの血を引くフランス人にも強くアピールしたようだ。特にこの Fleche d'Or は無料ベニューなので、「このバンドを観にきたわけではないが、なんとなく酒を飲みに来たパリジャン」の数も多い。サンバがかかればなにはともあれ条件反射的に皆「踊るあほう」である。

過ぎ行く夏を惜しむ夏祭りの様相であった。

● Friendly Fires その1

● Friendly Fires その2

* コメントバックができないので、追記します:

● いつもツボを得た新情報、ありがとうございます。実は「洗っていないのではないか?」という嫌疑はわれわれの仲間うちでも話題になったのですが、これでほぼ「クロ」と断定してよいのではないでしょうか。もっとも、実はこのライブを観た3日後にロンドン・イーストのデザイナーズ・セールと古着屋めぐりをしたのですが、このニットのイメージに直結する物件にはめぐりあえませんでした。もしかすると当人が「買占め」をしているのかもしれません。タンスを開けたら同じ服がずらり、というオバQ状態であれば、なおすてきです。

● リンクありがとうございます。一度観たら十分、というバンドが多い昨今、何度でも足を運びたくなる数少ない連中だと思います。11月のチケットも購入。セーターの一件についてはしつこく再確認する予定です。

● ふたたびコメントありがとうございます。この写真の「キモ」が『腹』であることに気がついていただいて、とてもうれしいです。この一枚は、実はライブ道が撮影したものではなく、同行した友人から分けてもらいました。いつも自分が撮ったボケ写真が多いので、ちょっとカッコいいやつを貼りたかったのです。その友人の一番のお勧めが、この「はら」写真でした。その方の連写の中にはかなりの怪作が含まれていたのですが、Ed氏の名誉のためにその友人が墓場まで持っていくことになっております。

« Ash | トップページ | Breakbot »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。またもお邪魔します。

私もEd氏の「アメリカ古着よりヨーロッパ古着が好き」的ファッションが気になっているのですが、8月7日に渋谷でHot Chipと対バンしたとき、やはりあのキラキラニットを着ていました。その後8月9日のサマソニでのステージ写真を見たら、またあのニットでした。果たして洗っているんでしょうか。。

そしてあのニット、なんだか素肌に着たらちくちくしそうですよね。
彼らのデビューアルバムをこれから聴きます。素敵なバンドですね。
駄文失礼しました。

8月のサマソニでも同じニット着てましたよ。専用のステージ衣装なんでしょうかw

日本でもアルバムがリリースされたので、ちょっとエントリ書きました。これを含む過去のライブ評もリンク貼らせて頂きました。

http://d.hatena.ne.jp/inumash/20080918/p1

ではでは。

コメントバックのオバQ状態に笑いました。ありがとうございます。私は自分のワードローブの中にキラキラニットを見つけました、そしてそれは3年前にParisのGuellisol(スペル適当です、あのやっすい古着屋です)で買ったものでした。しかし残念ながら80sなオーバーサイズのもので、Ed氏のような腹が見えちゃうものではなかったです。って、なんでお揃いになろうとしてるのでしょうか、私。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/23761436

この記事へのトラックバック一覧です: Friendly Fires その3:

« Ash | トップページ | Breakbot »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31