« Wild Beasts その2 | トップページ | White Lies その2 »

2008年11月21日 (金)

Foals その3

< 2008. 11. 14 @ Le Cigale, Paris >

さて、人気上昇中の Foals であるが、その行く末をすこしだけ占ってみたい。とまあ、そんなにたいそうな話でもないのだが、このたびちょっとだけヤバめの雲行きを感じたので、記録しておきたい。

ここフランスの主要各都市でおこなわれる、毎年恒例の Festival Les Inrocks というイベントだが、今年もUKインディバンドを中心に豪華なラインナップで4日間開催された。オレ自身も参加は3年目となる。そのうちのある晩のヘッドライナーを堂々と勤めあげたのが、前座5バンドを従えた、彼ら Foals であった。実はそこで観た彼らの姿に、すこしだけ「うむむむむっ」と唸ってしまった、というのが今回のレビューの趣旨である。

実は改めて、自分が過去書いた Foals のライブレポート(● Foals その1、● Foals その2を読み返してみた。すると面白いほどに、今回のライブがなぜ自分にとってしっくりこなかったか、の理由がよく分かる。

昨年(07)の初頭であったか、初めて観たときうの彼らの姿は、なんと言ってもオリジナリティあふれる「内向きオタク型」のライブパフォーマンスで、実際にメンバーみんながステージ上で輪を作って内側に向かい、こちょこちょ演奏している姿がむしろ孤高な威厳と緊張感を感じさせたものである。もちろん、風貌、PVでのアクション、そしてオックスフォード大中退、という経歴などすべてがエキセントリックなオタク・パフォーマンスとも呼んでしかるべき輝きをもっていた。それらもあわせて独自のライブステージを作り上げていたといってもよいだろう。

今年の春、ひさしぶりの鑑賞となった彼らのステージは、すでにブライテスト・ホープとしての成功を手に入れ、堂々としたものであったことは否定しない。ただ、だからこそ、既存のバンドが大物になるにつれて身につけていくようなステージ上での「ふるまい」の萌芽をすこしだけ感じ取れたことが気になった。別にステージ上でのパフォーマンスが尊大、という意味ではない。彼らの持ち味のオリジナリティにこだわってほしかったし、それをうまく発展させてほしいというのが、ファンの一人としての勝手な思いである。

なんとなく、であったいやな予感が少し確信に変わったのが今回のヘッドライン・ショーだった。

ヤニス氏はステージを縦横無人に走り回り、ステージ袖のPAスピーカー機材によじ登ったりと大忙しだ。大立ち回りのハウリングや、シャウトひとつとっても、まるで「ロック・ミュージシャン」のようなものである。そんなキャラだったか、オマエ?前回同様ドラムソロが引っ張ってなかなか始まらないオープニングも、ある意味よくありがちな「誰かのマネ」ではないのか?

ことほど左様で、まあ観客としてはみんな当然大喜びなわけだが、少し長い目でみればオレ個人的にはあんまり向かってほしくない方向に舵を切っているような気がしないでもない。もっとも、彼らの場合、メロディや「さび」勝負ではなくて、サウンドのセンス一発勝負なので、この次どうする?というあたりに苦しい事情がありそうな気もする。。もしかしたら、普通のロックバンドに移行する準備をステージで行なっており、次回作(アルバム)は「安定した中堅バンド」のようなものになってしまうのではないか、とすこし危惧するものである。

Foals_cigale

@ Le Cigale  Flickr より拝借。

客席ダイブのあと、係の方に救出されるヤニス氏。軽くて小さいので、セキュリティの方々も仕事が楽です。

Foals その1

Foals その2

●コメントバックできないので追記します。

Comyuさん、コメントどうもありがとうございます。返信が遅くなってすいません。この映像は、確実に薬物ですが、あまり良いキマリかたではないようですね。これではいけません。ミュージシャンに望まれる「正しいキマリ」方とは、宇宙と交信するような解脱した踊りを見せてくれることであるべきだ、というのがこのライブ道の意見です。そのほうがこのバンドにとってもプラスになるはずだ、と思うんですが・・・。

« Wild Beasts その2 | トップページ | White Lies その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして!いつも拝見してます。
私はyoutubeを見て同じようなこと思いました。→http://jp.youtube.com/watch?v=jcT0MbVQtV8
ちょっとやりすぎちゃってるなと・・見て恐くなりました。ちなみにドラッグとかではないですよね。。
FUJI ROCKでも観客へダイブし、ステージからヤニスが消える?!という場面がありました・・確かに盛り上がってましたが、何か違うなぁと。(ライブ全体ではすごく楽しめましたが)
彼らの他のバンドにはないマニアックな音や演奏などが好きな私はやはりこうはなって欲しくなかったなぁと感じます。
しかし、会場はさらに盛り上がり大興奮のようですし、今までライブを重ねた彼らの結果が今なのだから否定もできませんが。。
長々スミマセン。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/25523265

この記事へのトラックバック一覧です: Foals その3:

« Wild Beasts その2 | トップページ | White Lies その2 »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31