« White Lies その2 | トップページ | We Are The Physics その3 »

2008年12月20日 (土)

Johnny Moped

< 2008. 12. 13 @ The Forum, London >

たいそうな話で申し訳ないが、自分の人生に明らかに影響を与えたアルバムを1枚だけ選び出すということができるだろうか。

確かに簡単な話ではないし、特にオレのように30年以上の年季があるおっさんの場合にはなおさら難しいとも思う。だが、1977年に発表された[ Live at the RoxyWC2 ] (Harvest Record) という、ロンドンパンク創世記のライブアルバムは、自分にとってまちがいなくその候補の一枚に挙げることができる。

Roxy というのは、その当時生まれて間もないロンドンパンクバンドの連中が出演していたライブハウスの名前であり、今はもちろん無くなってしまった伝説のべニューである。WC2とはその場所のあった郵便番号の一部で、コベントガーデンあたりに位置していたらしい。このライブハウスで1977年の1月から4月までに行なわれたいろいろなバンドのライブ音源を収録したのが、このアルバムなのであった。

収録バンドは The Buzzcocks、Wire、X-Ray Spex、Eater、Slaughter & the Dogs などなどそうそうたる顔ぶれであるが、そのほとんどは音をはじめて聞くバンドばかり、すなわち皆まともにレコードデビューする以前の演奏であった。曲のよしあしに多少の優劣はあったが、なによりこのライブアルバム全体から漂ってくる緊張感がたまらなくスゴかったし、「ロンドンはこんなすごいことになっているのか!」と当時高校生だったオレは遠い異国で起こっている出来事に思いをはせて胸を高鳴らせたものであった。とにかく、毎日毎日欠かさずこのレコードを聴いていた。

Sex Pistols や、The Clash などといったすばらしいバンドも同時期にいたのだが、オレが「PUNK」と聴いて一番しっくり来るのは、このアルバムに収められた数々の印象深い演奏だったと言ってよい。こんなRoxy のようなところに行ってみたい!こんな新しいことが起きている生の現場に行ってみた、というのが叶わ夢だったし、実現の可能性を考えたこともなったったと思う。

すっかりいいおやっさんになってからオレが「ライブ道」に走ったのは、ロンドン勤務をきっかけとして、いちじるしく遅ればせながらではあるが、自分にとって新たしいRoxy を開拓したかったからだと今改めて思う。PUNK ほどの大事件はもう起きないかもしれないが、新しい動きが起きる瞬間というものがあるのなら、その誕生の瞬間にぜひ立ち会っていたいと思うのだ。幸いいままでいくつもの新しい現場には出会えたと思うし、有望な新人が伸びる瞬間にも立ち会えたと思う。そのことには満足しているし、それがイイ音だったときには申し分ない。

さて、そんな一人で遠い目をした話になってしまったが、今日はもっと遠い目の話、すなわち新人発掘ではなく、懐古にふけったテーマである。

話を [ Live at the RoxyWC2 ] にもどすと、その出演バンドの中には今でもなんとか姿を拝めるバンドもいれば、もういっさい公に出てこない人たちもいる。ロンドンに来てからも、機会を見つけてはこういったRoxy 組をはじめとして、ロンドンオリジナルパンクの連中の成れの果ての姿を拝みに行くのを趣味としていた。今回このアルバムのB面一曲目に収録されていた Johnny Mopedが出演する、というので足を運んでみた。www.myspace.com/thejohnnymopedband 

昼から夜中までの「懐かしPUNKイベント」だったが、過去に観たバンドも多く、今回はいまだ姿を拝んだことの無いこの Johnny Moped に焦点を当てた。ちなみにトリを勤めた The Damned は観ないで会場を後にした。

Johnny_moped_2_3 Johnny Moped 氏(ハダカ革ベスト)&バンドメンバー(77年当時)。ひねりはそんなにないが、とにかくパンクらしいパンク曲を聞かせてくれた。さあ、はたして、今どんなことになっているのか・・・。

こんなことになってました。

Johnny_moped

Flickrより今年の勇士。The Forum のときも同じ格好だった。

はたしてこんなおっさんの唄を聞く価値があるのかというと非常に答えづらいものもあるわけだが、今日はあくまで郷愁に浸るのが目的だ。聞き覚えがある曲と、黒い皮ベスト以外では特定のしようがない。だがJohnny はこのベストを着たいのだろうし、腹の出具合がどんなにたいへんなことになっていたとしても、オレは積極的に支持したい。ある種、泣けた。

もっとも観客も負けていない。この日のイベントの観客(ざっとみたところで1500-2000人くらいか?)は、男女とも9割以上がオレと同世代。そして言うまでもなく全員パンク・ファッションである。おとなしいやつでも黒いバンドTシャツ姿だ。この光景に対しておちゃらけたコメントをする気には到底ならないが、客観的にみてこれほど恐ろしい連中に囲まれた記憶は人生の中で一度もない。何が恐ろしいと言って、この大量にいる40代~50代の観客のなかで、見た目がノーフューチャーではないヤツが一人もいなかったことである。

ステージではなく観客の写真を撮りまくりたかったが、そんな恐ろしいことはできるよしもない。しばし思い出にふけり、そして青春時代を共有してきたであろう連中に別れを告げ、今度は新しい音楽を探しすために、別のライブハウスに向かった。

« White Lies その2 | トップページ | We Are The Physics その3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/26327554

この記事へのトラックバック一覧です: Johnny Moped:

« White Lies その2 | トップページ | We Are The Physics その3 »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31