« Ladyhawke | トップページ | White Lies その3 »

2009年2月18日 (水)

Soko

< 2008. 11. 14 @ Le Cigale, Paris >

過去自分が見た映画作品の中で、鑑賞後一番いやな気持ちになったのは、『悪魔の毒々モンスター』や『死霊の盆踊り』などといったとんでもないZ級ホラーをはるかに凌駕して『ベティ・ブルー』というフランス映画であった。

「ベティ」という情緒不安定で病的なまでに気性の荒い女性が主人公のこの映画は、たいへん悲惨な結末をもって終了するのだが、オレがこの「名作」を受け入れがたいのは、単にその後味が悪いからだけではない。作り話とはいえ、こんなやつらがいてもおかしくないことになっているフランスという国に対して背筋が寒くなってしまうからである。

パリに引っ越してきて以来、幸いなことに今までは、「ベティ」のように突然かんしゃくをおこして相手の手をフォークで刺したり、自分の目をくりぬいたりするフランス人には出会っていないので、なんとかフランス人ともぎりぎり仲良く暮らしていけるのではないか、と思いはじめてはいる。しかし、ちょっとでもヤバそうなヤツをみかけると、『ベティ・ブルー』の恐怖が頭の中によみがえり、この街で暮らしていく自信を失いそうなるのであった。

さて、先日のエントリーで紹介した Ladyhawke 。彼女がめくるめくパリのナイトライフ体験を元に作った [Paris is Burning] 。このとき Ladyhawke を夜な夜な街中に連れまわしたのが Soko というフランス人女優兼シンガーである。www.myspace.com/mysoko 

ミュージシャンとしての Soko は曲調はフォーク系なので、二人の間に音楽的嗜好の共通性は薄い。だが、昨年 ('08) の初頭にかけて欧州域内で話題になってきた新進の女性ミュージシャン同士として意気が合ったのだろう。この年の Great Escape '08 には両名とも女性インディ系のホープとして顔を連ねていた。Soko は田舎(ニュージーランド)出身のこの「友達」に、パリのスペクタクルな夜遊びをおしえたのである。果たして、そのときの驚きをあらわした曲が Ladyhawke の出世作とあいなった次第である。

そんな Soko を偶然観る機会があったのだが、オレの苦手なギター弾き語りではなくバンド編成だったので、フォーク系はオレの得意分野ではないがちょっぴり期待しながら開演を待った。しかし、出てきた彼女の演奏を聴いて、オレは正直かなりイヤな気分になってしまったのだった。

見た目はニコニコ笑ったり、急にブスっとしたりはにかんだりの「不思議ちゃん」系の女性という感じなのだが、まあそれはよい。だが、演奏し始めた曲を突然自分から止めてしまってブツブツと独り言をいいながらもう一度演奏しなおす姿とそれに振り回されるバンドのみなさん。あるいは、演奏を始めるかと思いきや、突然自分の持つギターをドラマーに押し付け、困っているドラマーを押しのけて自分がドラムを叩きながら歌い始めたり。全体として、まったく散漫な印象のうちに彼女のステージは終了してしまったのである。

これはこれで、こういった類のキャラクターを持つミュージシャンを好きなヒトもいるかもしれないが、オレはイヤだ。オレはこういうやつとは友達になれない気がする。ヒトの言葉の機微を読み取れない「アスペルガー症候群」の Ladyhawke とはまったく対極の意味で、相手のことまったくおお構いナシの Soko 。だから友達になれたのか?いずれにしろ、そのときは思わなかったが、こういった性質が悪化してくると「ベティ・ブルー」にもなりかねない、フランス人という恐るべき人々に日々オレは囲まれていることをある日無理やり思い出さされ、ちょっと気が滅入った。

さて、「無理やり思い出さ」せてくれたのは、↑上に付けてある彼女の MySpace ページに行ったからである。

そこに行ってもらうとわかるが、名前は Soko ではなく Soko is Dead (Soko は死にました)となっている。先月の中旬、アメリカかオーストラリアのツアー中に突然「ミュージシャン辞めました」宣言をしたらしい。以来、いままで MySpace のページに貼られたであろう彼女の情報が一切なくなっているようだ。「友人」として貼り付けてあるのは数年前自殺した故 Eliot Smith ひとりである。今日にいたるまで、彼女のそのページには「冗談でしょ!?辞めたなんていわないで!」というファンからの悲しいメッセージが連なっているのである。

詳しいことはわからんが、おそらくアメリカ人になんか言われたとか、何かの事情でアルバム発表にいちゃもんがついたとか、音楽業界に嫌なやつがたくさんいたとか、たぶんそんな感じらしい。キレてしまって自らミュージシャンとしてのSoko に終止符を打ったと受け取るべき状況のようである。仮にそうだとしても、あまり穏やかな消え方ではなさそうだ。なんとなくだが「ベティ」のようにわめき散らしているか、呆然と中空を見つめているような気がして、すこし怖くなってしまった。

彼女の出世作が [I'll Kill Her] (デンマークなどでヒットチャート1位)というタイトルであることを思い出し、ぜひとも成仏してあまり現世にお恨み申し上げないでほしい、と思った。女優に戻ると言うはなしだが、万が一にも「ベティ・ブルー」のリメイクには登場しないでください。

Soko

@ Le Cigale

ご冥福をお祈りいたします。

Soko_2

生前のホトケさん。

「恨み節」

« Ladyhawke | トップページ | White Lies その3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/28165912

この記事へのトラックバック一覧です: Soko:

« Ladyhawke | トップページ | White Lies その3 »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31