« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

Kap Bambino

< 2009. 06. 18 @ La Maroquinerie, Paris >

パリといえばオペラ座である。で、オペラ座といえば「怪人」なのだが、期せずしてその怪人探しをできる機会にめぐまれた。

というか、ありていに言ってしまうと、知り合いの方が行く予定だったパリのオペラ座(ガルニエ)での本格派オペラの公演チケットを、その人の都合が悪くなってしまったためにオレが偶然譲り受けたのだ。オペラ自体には何の興味もないが、もしかするとそこに住んでいるというらしい「怪人」が発見できるのではないか。ところでそもそもオペラ座にいる怪人って何だ?しかもそれって、パリのオペラ座だったべか?などとどうでもよいことが次々に頭を駆け巡ったが、とりあえずはタダ券だし、その程度の動機でとりあえずは出かけることにした。

だけど何を着ていこうか?一人で観にいくのだし、職場用のスーツで行って、あからさまな日本人サラリーマンの格好(普段のオレ)をするのは何かこうあまり「オペラ座」なかんじがしない気もする。だけどオペラといっても「ライブ道」の一種には違いないので、結局はオレのライブ道出動スタイル、すなわちただの普段着ででかけることにしたのである。ジーンズと多少よれたチェックシャツだが、いつものように「若作り」としては合格点が付けられる格好だろう。まあ、オペラとか言っても学生割引券は千円くらいから売ってるらしいし、そういう「クラシック」好きの貧乏学生さんたちももたくさん観にきているにちがいない。そんなに気張った格好をすることもないだろさ、とオレは考えたのだった。

外観以上に更に荘厳なオペラ座の内装に圧倒されながら、係のおじさんに席まで案内された。だが着席した瞬間にオレは思った。 『これは大変なことになったな。』

座った席は、客席の一番前。すなわちオレの目前、ついたての先1メートルのところにはオーケストラの皆さんが。そしてその奥には当然ながらステージが鎮座しており、いわゆる高級ボックス席といった趣とは異なるものの、あきらかにすばらしいポジションであった。オレの両隣、いや周り一帯は当然のように盛装したした紳士淑女でにぎわっており、経験の浅そうに見える若いオーケストラ要員の皆さんなどは、このガルニエで演奏できるととに胸がいっぱいなのか、潤んだ目で客席を眺め回している者までいる様子だ。そんなところにイキナリくたびれた格好の日本人がやってきたものだから、あきらかになんじゃこりゃ感がオレから発散されてしまっているのである。たとえて言うと、仮にこの客席の光景をステージから写真に撮った場合、オレさえいなければ絵葉書として売り物になるビジュアル、といったところだろうか。

はじまったオペラが、「歌イタリア語、電光字幕フランス語」ということもさらに加速的にオレをしょんぼりさせたわけだが、正直けっこう恥ずかしかったので、演目が終わるやいなや、とにかくTPO大事なり!、と当たり前のことをいまさらながらつぶやいて、そそくさと家路を急いだのである。ちょっとなめすぎてました。

今回オペラという、自分の守備範囲でないところでつまづいてしまったが、本筋のライブ道活動ではそうもいくまい。気をしっかり引き締めることに決心した。

先月の Great Escape では出演の時間が遅すぎ、睡魔に耐えられず観るのを挫折してしまったテクノ系PUNKダンスDUO の Kap Bambino www.myspace.com/kapbambino ジグ・ジグ・スパトニックの全盛期をほうふつさせる爆発力のある音をぜひともライブで観たいと思っていたのだが、期せずして彼らの地元フランスでその姿をつかまえる機会がすぐにやってきた。

とはいえ「ダンス系」という、ちょっと気をつけなければいけない物件でもあり、オレはやはりTPOにも心くばりしたいと考えた。彼らのライブ会場では観客はどんな格好をしているのだろうか?せっかくのライブで気まずい思いをしないためにも、そうして仕入れた情報を参考にするのはいいことだ。ネットで彼らのことを調べたら、早速2年ほど前に日本でライブを行なったときの写真が貼り付けてあるサイトにめぐり合った。(勝手に貼り付けますが、コレです。そのページの最後のほうに出てきます。) しかし、サイトを開いてスクロールし始めたオレはすぐにこう思った。『これはかなり大変なことになったな。』

このサイトを見る限り、Kap Bambino を観にいきそうな方々というのは、とてもおしゃれなファッション・ピープルで、とてもオレのような中年若作りサラリーマンの手に負える世界ではなさそうなのである。このサイトに貼り付けてある写真一枚一枚をみながら、少しづつ自分の意識が遠のいていくのがわかった。でっ、できない。オレにはこの格好はできないっ。しかもオレがチャレンジしようとしているのは、世界的ファッションの中心地パリでのライブだ。この日本のサイトよりもあきらかにおしゃれな人々が群がっているであろうことは火をみるよりも明らかではないか!

オレはうなだれながら、今回は意識的にTPOを無視して普段どおりの小汚いライブ道スタイルスタイルで出かけることしかないことを悟った。せっかくの Kap Bambino。オレのしょぼくれた格好では気恥ずかしいこと請け合いで、ライブも楽しめないかもしれないが、人間そんなに無理してもいいこたぁない。それに中年には中年としての人間の尊厳もあるのだ。そんな複雑な気持ちで会場まで足を運んだのでった。

会場のドアを開けて、目に飛び込んできた光景、そうすなわち世界に君臨するパリのファッションピープルの姿ががこれである。やはりオレは度肝をぬかれた。

              ↓

Img_3394_1

ご覧の通り、全員ただフツーの民間人のかたでありました。むしろ普段より更に汚らしい感じの。

というわけで、正気にもどったオレは彼ら Kap Bambino の盛り上がりに盛り上がった地元公演をたっぷり堪能さえていただきました。かなり良いライブだった。

Img_3399_1

@ La Maroquinerie

浮く Caroline 嬢。オレはよこしまなキモチが芽生えるといけないので、リフティングへの参加を見合わせた。

しかし、上の日本のサイトを真剣に参考にしていたら、オレはこの日観客で来ていたパリのムッシューやパリジェンヌ達に、「今日、『怪人』をみたよ。」などと後々語られつがれていたかもしれないとおもうと、あまりTPOとか考えるのもいかがなものかと思った。

最近好きなPV。

2009年6月11日 (木)

Art Brut

< 2005. 06. 25 @ John Peel Stage, Glastonbury Festival '05 >

< 2005. 09. 28 @ ULU, London >

< 2009. 04. 24 @ Koko, Camden Crawl '09 >

< 2009. 05. 25 @ Nouveau Casino, Paris >

現役で活発に活動しているバンドの持ち歌に限って、という条件のなかで、オレ自身が最も好きな曲のひとつは Art Brut [Formed A Band] という名曲である、と躊躇なく断言できる。www.myspace.com/artbrut www.artbrut.org.uk

2004年の春さきにリリースされたシングルCDを聴いて感動したわけだが、同じ年に引き続き発売された [Modern Art / My Little Brother] というカップリング・シングルも、ともに屈指の楽曲であった。加えて翌年。アルバム発売直後のグラストンベリー・フェスティバル ('05) では、これまたオレのライブ道人生の中でも特筆すべきステージ・パフォーマンスを堪能することができて、自分の中では当時の The Rakes と合わせて、一気にイチオシバンドとなっていたのである。

もっとも、そんな「最高」ともいえるグラストンベリーの体験から数ヶ月おいて、彼らのヘッドラインショーをロンドンで観たときは、オリジナルメンバーの怪ギタリストが脱退した直後だったので、ステージがややまとまりを欠いていたような気がした。まあそんなこともあって、別に嫌いになったわけでは全然ないのだけれど、その後なんとなくライブは観に行かなくなってしまっていた。ただ、The Rakes が以降アルバムを出すたびになんとなく失速していくのと比べると、 Art Brut のほうは、その年のベストなアルバムとまではいえないものの、まずまず着実な作品を出してくれていたような気がする。

オレが個人的にいちばん盛り上がっていた2005年ごろは、一部「ビッグ・イン・ジャーマニー」というような局地的な人気はあったようだが、おしなべてみればそれほどの「大物」ではなく、NMEに記事が出るといっても、フロントマンのエディ・アルゴスが当時人気が急上昇中の Bloc Party の黒いお兄さんとバーで胸ぐらをつかみ合った、といったゴシップ記事くらいのものしかなかった、と記憶している。

だがご存知のとおり、その後の彼らは着実にインディ界で足場を固め、一時は「ビッグ・イン・アメリカ」という、ほとんどそれの何がネガティブなのか分からないような変な形容詞でさえ呼ばれるほどに、世界中で支持をひろげてきた。エディ・アルゴスはいつの間にかインディまわりでカリスマ・アイコンになっていたのである。

ところで。先だってのことになるが、彼がNMEに登場した写真に驚愕した人は多いだろう。 

Artbrutnme

これはいわずもがなその直前に話題となった Beth Ditto のNME表紙写真のパロディで、NME自身がやってのけたのである。

Beth_nme3

このべスの写真をみたときは、正直たしかにひっくり返りそうになったが、そのあとのエディ・アルゴスの「ヌード」もなんとも印象深いものであった。そのしばらく前から、エディと言えば「腹の肉」というのが、NMEにおける定番の形容詞になっていたからである。つまりエディののの「腹」写真は、彼自身がポジティブに捕らえているに相違ない彼の「だぶついた腹の肉」を、自分の代名詞とすることを公に宣言したことに他ならないのであった。この日から彼は、名実共に「ハラ芸人」になったのである。

そういうことであれば、その「腹芸」を見てみたくなるのが人情というものだ。今年の Camden Crawl ('09) で彼らが出演すると言うので、ちょっとだけ足を運んでみた。

結論から言うと、それはまさに「芸」と呼ぶにふさわしいものであった。会場の Koko にぎっしり詰めかけた観客は、言わずもがなで彼の「ハラ」になにかしらの期待を持っている。ステージアクションの末エディのズボンからシャツの裾がはだけ出てしまうと、必要があるのかないのか全く分からないのに突然上下にぴょんぴょんと跳ねだしたりする。おかげでハラがぶるんぶるんと醜く揺れるさまが、目の当たりにできるのである。観客はもちろん大喜びだ。

とはいえこの日は会場が比較的大きく、オレが陣取った場所はステージからやや距離があったため、この見世物をしっかり「堪能」というところまではいかなかった。翌月になってパリにやってくるというので、今度は間近のポジションから観察させていただくことにしたのである。

その夜パリの会場は外気温が高かったこともあってとてつもない熱気に包まれていた。一曲歌うごとに胸のボタンをひとつづつはずしていくエディ。留め残ったボタンがあとひとつだけ、となったところで、客席からは「脱いでくれえっ!!」「みせてくれよ~!」の大合唱。彼は一呼吸おいてボタンを留めなおし。「もちっと、あとでな。」

以降、胸をはだけて腹肉を開帳したり、ボタンをかけなおしたりのくりかえしで、この「ぶよんぶよん」した彼の武器は、演奏終了まで観客を魅了し続けたのであった。演奏もよかったが、「腹芸」は彼らのライブですでに欠かせない大きな要素となっていることが確認できたのである。

Art Brut はいわゆる Art Rocker の代表選手みたいなところがあって、事実 Art Rocker 主催のアニバーサリー・イベントでもヘッドラインを務めたりしているのだが、自分のこと、バンドのことそして業界のことなど常にひややかに(かつ、おもしろおかしく)捕らえては歌にしてくる連中だ。彼の、単に「出っ張っている」だけではなく、かなり醜悪に垂れ下がった腹の肉には、たぶん深いメッセージがこめられているに違いない、とおもう。たぶん後付けの理由で。

Img_3198_1a

@ Koko

Img_3373_1

@Nouveau Casino

観客は皆「腹写真」を撮りまくっていたが、オレはなんとなくだが遠慮してしまった・・・・。

パリのステージではいつものように即興の歌詞が歌われた。♪「オレは先週アムステルダムで演奏した/アート好きなオレは、日ごろ尊敬するゴッホ美術館まで行ったさ/入場料10ユーロも払ってな/有名な絵が飾ってあるのは一番上の階だ/ところが階段を昇り始めたオレは自分の腰に違和感を感じたんだ/腰が・・腰がなんかヘンだぞ/腰はだんだん痛くなってくる/でも絵はまだまだ先だ/だんだんオレの腰は折れ曲がり/最上階に着いたときは、絵を見上げる力がもう残っていなかったんだ/オレは10ユーロも、そう10ユーロも払って、腰が痛くなっただけだったんだああああっ」

・・・エディさん、それは太りすぎが原因では・・・。

[ Formed A Band ] PVは無いみたいです。ライブ映像。

[ Modern Art ] これもPV無し。

2009年6月 8日 (月)

Vivian Girls

<2009. 05. 14 @ Po Na Na, Brighton (Great Escape '09)>

<2009. 05. 15 @ Pavillion Theatre, Brighton (Great Escape '09)>

<2009. 05. 26 @ Point Ephemere, Paris >

皆さんにも「座右の銘」があるかと思うが、オレの場合はさしずめ「ガバガバヘイ」あたりであろうか。人生や仕事に行き詰ったとき、あるいはどっちの道に進んだらよいのか分からなくなったとき。自分のとるべき行動規範を示してくれるのがこのコトバだ。

このフレーズ(Gabba Gabba Hey)はいわずもがなラモーンズの名曲(Pinhead)からの一節である。正直、意味の方はいまひとつよく分かっていないのだが、おそらくは、「オレもオマエもPUNK仲間」というぐらいの感じではないかと勝手に思っている。世の中の人間には2種類あって、それはPUNKなひとと、そうではない人たちに分かれている。なんとなく世渡り上手に生きているように見える、しがないサラリーマンのオレではあるが、やはりPUNKな生き方や選択に共感し、そして「ガバガバヘイ」な友人を持ちたいと思うものなのである。

ラモーンズに関して言えば、「パンクサウンドの発明者」などという仰々しい枕コトバがつかなくとも、主要メンバー3人が夭逝した事実がもつ迫力と説得力には別格のものがあるだろう。レジェンドとなるべき条件が備わった連中だといえる。ジョー・ストラマー氏がそうであるように、レジェンドの言葉にはなかなか納得させられてしまうものがあるものなのだ。

ところで昨年ジョン・ライドンがバターのテレビCMに出演してちょっとした騒動になったが、件のバターの売り上げが飛躍的に伸びたことを考えると、彼の言動にもいまだに説得力があるのかもしれない、と思いかけたが、英国産を謳っているこのバター、実はニュージーランド産であることが暴露され、また物議をかもし出した。「座右の銘」にするには、やはり「ノーフューチャー・フォー・ユー」より「ガバガバヘイ」の方がよさそうだ。

そんなラモーンズなので、オレのように必ずしも熱心に聴いていたわけではない外国人が言うのもなんだが、やはりパンク魂なニューヨーカーにとってはメンバー同様「ラモーン」という姓を名乗るのが自然なことなのかもしれない。

ニューヨークのブルックリン出身の女性3人組、Vivian Girls。www.myspace.com/viviangirlsnyc 音の方はラモーンズのようなオリジナル・パンクでこそないが、ラモーン姓を名乗るボーカルの Cassie 以下、その精神はうたがいなく「ガバガバヘイ」だ、とオレはおもう。

何でそう思うかと言えば、彼らの曲のうち何曲かが、ここ数週間絶えずこの「ガバガバヘイ」なオレの頭の中から離れないという楽曲の良さに起因することもさることながら、彼女達の見た目のインパクトにもそれは十分にうかがえるからである。メンバー3人とも、髪型や服装をはじめとして一見きわめて地味で普通すぎるほどフツーなビジュアルだが、よく目を凝らしてみると全員自らの腕じゅうにかなりいい加減なデザインの刺青を彫りまくっている事がわかる。

オレは自分では刺青も、またはそれを彫る気も全くないのだが、服装や髪型あるいは表情でアピールするのとは違って、しかも「おしゃれワンポイント・タトゥー」などというレベルではまったくない「乱れ彫り」の心意気は「ガバガバヘイ」仲間として評価したい。フツーの見た目でありながら、フツーの世界には戻ってこないという意気込み。それこそがPUNKである。

今年のグレートエスケープ('09)初日で楽しめたので、翌日も観にいった。そして先日パリでも姿を捉える事ができた。今年の活躍が期待できる良いバンドだと思う。

Img_3245_1_2

@ Po Na Na

Img_3286_1

@ Pavillion Theatre

Img_3382_1

Img_3383_1

上2枚 @ Point Ephemere

意味があることなのかどうか全く分からないが、最後の曲の演奏中に全員楽器を持ち替えるのが見せ場ですガバガバヘイ。

名曲のひとつ、[Tell The World]

2009年6月 6日 (土)

School Of Seven Bells

<2009. 05. 16 @ Pavillion Theatre, Brighton (Great Escape '09)>

昨日まで、所用があって数日間だけ東京に帰っていた。

仕事の付き合いでもないのに、夜出かける場所があえて新橋あたりになってしまうのは、やはり年齢的にやむを得ないところがあるかもしれない。その夜オレは食事が終わると、当然ながら友人と共にカラオケボックスになだれ込んだ。

最近10年間の日本の歌を知らない、ということもあって、唄える曲を探しあぐねてページを開いた「洋楽リスト」に目が釘づけとなった。オレは知らんかったが、楽曲リストには欧米インディ系の曲がオンパレードなんですね、今の日本は。で、オレとその友人はその夜「はじめて唄うインディ歌謡」という縛りで夜半まで唄い明かすことにしたわけなのであった。ところで、いったい誰が歌うんですかね、The Delgados の曲って。というか、なんで入ってんの、そんなのが?

邦楽・洋楽にかぎらず、初めてトライする歌がうまく歌えるはずもない。しかもふり仮名がついているとはいえ英語で、いままで意味まで考えて聴いたことのない曲ばかりだ。それに歌詞の出るタイミングもなんかヘンだぞ。おかげでオレも友人も歌はボロボロだが、次から次に歌ってみたい曲が出てくるので、飽きることなく夜中までおおいに盛り上がったわけなのである。

ところで、そのときにオレが一番うまく歌えたというか、歌っていてまったく違和感が自分でなかったのは、Blonde Redhead の曲だったような気がするのだが、これはそもそも日本人のかたが英語で唄っているわけなので当然といえば当然かもしれなかった。日本人が歌うという英語の「味」をオレは自然に出せてしまえるからである。Blonde Redhead。カラオケ用にぜひキープしておきたい持ち歌バンドといえるだろう。

しかし一方で、彼ら Blonde Redhead をライブで見たときは、この人たちのせいではまったくないのだが、ちょっとだけ違和感があった。数年前にカムデンの Koko で満員のヘッドライン・ショーを観たのだが、CDで聴くよりもボーカルがややクリアに聴こえたために、むしろ不思議な日本人英語感が増幅されてしまい、「味」を通り越してすこしだけくすぐったくなってしまったのである。曲も好きだったし、ちょっぴりだけもったいない経験であった。

ところでその夜の Blonde Redhead のショーは大混雑で、前座の時点から満員御礼。結局かれらのステージ上の姿はほとんど拝むことができなかったので、ライブとしての記憶があまりない。そのため、いままでこの「ライブ道」で取り上げたことはなかったように思う。

先月の Great Escepe ('09) で姿を見た School Of Seven Bells はすこしだけ Blonde Redhead を思い出させてくれるバンドだった。www.myspace.com/schoolofsevenbells 曲調はそんなに似ていないかもしれないが、なんとなくかもしだす音の雰囲気がオレにとっては共通点があるような気がした。 Secret Machines からひとり脱退したギターの Benjamin が双子姉妹と新たにこしらえたバンドが彼らである。2004年のレディング・フェスティバルで自分にとってのベストパフォーマンスを披露してくれた Secret Machines には思いいれもあり、今回押さえておきたい連中であった。

純粋に比較できるものではないが、曲の優劣はともかく、ライブは Blonde Redhead より楽しめた。単純に「英語の発音」がフツーな分、余計な違和感がなかった、という点が実は意外と大きなポイントかもしれない。Secret Machines の初期のような、「いったいどうなってしまうんだろう」というライブ上の爆発感はもちろんないが、安心して楽しめる良いバンドだった。最近はMTV系VH1 (オトナ含めて広いターゲット向けチャンネル)でもオンエアされだしたので、人気の広がりそうな予感もあり、です。シューゲイザーなどと呼ばれておるが、双子はしっかりと前を見据えておりました。

Img_3356_1

@ Pavillion Theatre

新人ながら今年のサマソニ('09)で来日公演すでに2回目、ということは、近いうちにカラオケボックスの「洋楽リスト」でお名前を拝見できるかもしれない。

新曲 My Cabal

●コメントバックできないので、追記します。

アリさん、コメントありがとうございます。ライブ道は歳だけはとっているのでご想像かもしれませんが、80年代の「4ADサウンド」は当時かなり真剣にレコードを買い集めておりました。今こうして外タレ(アメリカ人)の皆さんの、当時を彷彿させるようなライブパフォーマンスを「4AD」発祥の地英国で楽しめるのは、なかなか感慨深く、幸せなものだと思っています。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31