« The Temper Trap | トップページ | The Rifles »

2009年7月25日 (土)

Florence & The Machine

< 2007. 08. 09 @ Field Day, Victoria Park, London >

< 2009. 06. 27 @ John Peel Stage, Glastonbury Festival '09 >

最近のNMEにオレのすきな Moshi Moshi Records (もしもしレコード) の特集記事が載っていた。

想像のとおり、とにかくこれから伸びてくるアーチストを見つけてつかまえるのが早いレーベルだよね、という前提の記事なわけだが、そのことはまさにその通りで、やはりセンスが良いのだろう。

ただ、どのアーチストも一枚二枚レコードやCDを出すと、大手レーベルに移ってしまうあたり、かわいそうと言ってよいのか、懐が広いのか。記事によればレーベルの主催者は「当時全く無名だった Hot Chip のアルバムを作ったんだけど、お金がなくて彼らのためにタクシーを呼ぶこともできなかったよ。ボクが運転して、みんな詰め込んでまわるしかなくてさ。ある日彼らが大手レーベルと契約したのを知ったときはすげーショックだったなあ。」  やはりかなりかわいそうな人たちだ。

Hot Chip にかぎらず、今 Kate Nash や、Bloc PartyLate Of The PierThe RakesFriendly Fires を持っていればかなりのうっしっしではないだろうか。みなさんきれいさっぱり消えていかれてますが、さすがに気がひけるのか、Moshi Moshi Records のイベントのときなどは、いまだに Hot Chip も駆けつけて演奏したりするようだ。

さらに記事によれば、そんなお金に縁のなさそうなレーベルではあるが、初期の段階で稼ぎ頭だったのが Florence And The Machine ということだったらしい。www.myspace.com/florenceandthemachinemusic

なんといっても今年の Mercury Priize にノミネートされた中では La Roux などとともに本命の呼び声も高いい。そうか~、そういう経営の立ち上がりで苦しいときに助けになるアーチストって、ありがたいもんだよなあと思ったのではあるが、良く考えたら彼女が本当に売れる前にまた逃げられている、というだけではないか!やはりかわいそうな人たちではなく、ほんとうに太っ腹な連中だ、というのが本日の結論です。

2年前偶然はじめて観た、当時無名の彼女のステージは、都市型フェスティバルの灼熱テントの中であったため、オレ達観客は難を避けるためにテントの外から眺める、というすこしかわいそうなものであった。その後HMEはじめプレスから高い評価を得て、ついにヒットアルバムを引き下げての今年のグラストンベリー・フェスティバルでの演奏は、風格さえ漂わせる堂々としたものであった。

なんとなくだが、堂々と振舞えるようになってしてしまったアーティストは、もう Moshi Moshi Records には似合わなくなってしまうのだな、と思った。そう考えると、100年たっても朴訥(ぼくとつ)さが消えないであろう The Wave Pictures や、実際は「役者魂」にあふれながらもあえて素人くささをステージで出そうと試みる Slow Club などが Moshi Moshi の看板アーティストとして残っていくのかもしれない。

Img_3544_1

@ John Peel Stage

この日他のバンドで最前列に張り付いたため体力を消耗し、彼女のステージは期せずして再び「テントの外」から眺めることとなった。

« The Temper Trap | トップページ | The Rifles »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/30395494

この記事へのトラックバック一覧です: Florence & The Machine:

« The Temper Trap | トップページ | The Rifles »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31