« Fujiya And Miyagi | トップページ | Blur その2 »

2009年8月23日 (日)

The Soft Pack

< 2009. 06. 28 @ John Peel Stage, Glastonbury Festival '09 >

さて、今年のグラストンベリー・フェスティバルで、オレが一番期待していた新人バンドは、ただいま話題沸騰中の Passion Pit や Hocky でもなければ、La Roux でもなく、そして Dan Black ではもちろんなくて、The Soft Pack というアメリカのローファイ・バンドであった。www.myspace.com/thesoftpack

個人的な音の好みとして、なんとなくアメリカっぽさを感じさせてくれるイギリス人の Let's Wrestle 同様、どことなく英国感を漂わせる 米国人 The Soft Pack のサウンドは、タイプは違うがオレのお気に入りローファイ組だ。ただ、オレから合格点をとるには音の方向性だけではなく、更に重要なポイントが二つあるぞ。ひとつは、そこがローファイの真髄でもあるのだが、ボーカルも含めていかに音が「へなちょこ」か、という点。もちろん、「へなへな」であればあるほど高得点だ。そして二つ目が、いかにバンドメンバーの「見た目がさえないか」という点だ。見た目のしょぼくれた青年達が、楽器を持ってステージに上がったらアラ不思議!、演奏する姿も全くさえないではないか!というのが、オレの理想だ。

この点 Let's Wrestle は、まともにアルバムデビューする前から「オタク」系肥満の道を一気に突き進み、ライブではCDで聞くよりさらにへろへろなボーカルスタイル。オレからすればもはや神がかり的な完成度の高さだが、イケメン狙いの邦人婦女子などからは、なかなか敬遠されてしまうだろう。

さて、「ムスリム」というイキナリ硬派なバンド名が物議をかもし出し、新生 The Soft Pack と改名した人たちとは思えないほど、ふにゃふにゃなPVを観てオレは感動した↓

このへなちょこドライブ感は、ほぼオレの理想の姿といえた。

ライブの映像を見ても、なかなかラフでおおざっぱ。メンバー全員見た目のじょぼくれ具合、も高得点だ。

これだ、これっ!といきり立ったオレは喜び勇んでステージに足を運んで彼らの登場を待った。ちなみの彼らの出番は Florence And The MachineLady Hawke のあいだ。ともに鳴り物入りで超満員の彼女達のそれぞれのステージのすきまに集まってきた観客数は、これ以下はない、というくらいしょぼしょぼのものであった。The Soft Pack がステージにのぼった時点でのオーディエンス数は、最前列があってその次が無し、というぐらい悲惨である。これは応援しないわけにいくまい。オレは心の中で「究極のへなちょこ演奏で、ここに来ている観客すら、その度肝(どぎも)を抜いてやってくれ!」と興奮しながら応援した。

演奏が始まり曲が進むうちに、しかしながらオレの興奮はなぜだか少しづつ冷め始めていた。なぜだ・・どうしたんだろう。

実は彼らの演奏はPVで見るようなふにょふにょではなく、実にしっかりしたもので、ステージ運びもなかなか堂に入ったものなのであった。ライブのほうがCDよりぜんぜんしっかりしていたのである。見た目のさえなさ感もまるでなく、フツーにかわいくカッコイイ、ちゃんとしたバンドのみなさんのようであった。

ふと振り返ると、いつのまにか会場にはそこそこ人が入って声援をあげていた。満員というには程遠いが、それでも何とか格好がつくくらいにはなっていただろう。ステージが終了し、オレもできるかぎりの拍手をおくったが、ことしは例年に比べてもまずまず満足度の高いステージがつづいたこのグラストンベリーで、この The Soft Pack だけは期待感が高かっただけ多少の消化不良であった。

悪いバンドでは全然ないのだが、お見合い写真(PV)にちょっとだまされた感じです。

Sp

@ John Peel Stage

でも、今年パリにも来るようなので、もう一回観にいきたいとは思っております。年末、といわれているアルバムも楽しみではある。

● The Soft Pack その2

●コメントバックできないので追記します。

アリさん、コメントどうもありがとうございます。たしかにピート・シェリー(志村けん)の髪型の方向性にも似てるかんじがしますね。このPVの彼。

一年に数回ですが、聴いてから一週間くらい頭から離れない曲、というのがあります。しばらく前は、この曲がぐるぐるまわってました。

●そういえばどうでもいい話ですが、 La Roux のステージ写真を最前列で撮りまくったことがあるのですが、それをデジカメで確認しながら、彼女の髪型は常に、どこか「ある方向」を指していることに気がつきました・・・。オチのない話で、すいません。

« Fujiya And Miyagi | トップページ | Blur その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ほんとにへなちょこっぷりがステキですね。
バズコックスみたいと言いたくなってきましたが、
2曲しか聞いてないので言いません。

レディングにも一度行ってみたいです。
日本のフェスとは全然違うんでしょうね〜

髪型の方向性(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/30436033

この記事へのトラックバック一覧です: The Soft Pack:

« Fujiya And Miyagi | トップページ | Blur その2 »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31