« Lissy Trullie | トップページ | Male Bonding »

2009年12月11日 (金)

Noah And The Whale

< 2008. 03. 28 @ Flache d'Or, Paris >

< 2009. 12. 08 @ La Maroquinerie, Paris >

一度何かの理由で見逃してしまったバンドが、そのあと意外と売れてきたりすると、その後「観よう」とおもうモチベーションを俄然なくしてしまいがちなのは、このライブ道の悪い癖だと自分でも認識している。

ロンドン出身のフォーク・ロック・バンド Noah And The Whale を初めて観にいこうと思ったのは去年の3月だった。www.myspace.com/noahandthewhale  ちまたには、まだそれほど情報があふれていたわけではなかったが、なんとなく面白そうな予感がしたので彼らの初パリ(恐らく)公演まで足を運ぼうと考えたのである。当日、例によって得意先接待が入って観にいけなくなってしまったわけだが、仕事といえば仕事なので止むを得ない。しかし彼らは去年そのあと2回もパリに来たのだが、いずれも運悪く都合がつかなかったので、オレの中ではかなり「悔しいバンド」になってしまっていた。

だいたいこのへんが運命の分かれ道で、オレはバンドが「上り調子」の連中である場合はそろそろ観にいく意欲を失ってしまい、逆にマイナー感をかもし出し続けるヤツラの場合は「解散」→「永遠に幻のバンドに」という恐怖の図式が頭の中で働くからか、何とか執拗に追いかけて観にいこうという努力を続けるのである。

Noah And The Whale の場合は、そうこう言っているうちに、なんだかんだでヒット曲もでてしまい、人気者のポジションをどうやら取りつつあるな、と、そう思った時点でオレの「追いかけリスト」から外れてしまったヒトタチである。よく考えたらアルバムも買わなかったので、ラジオやテレビで流れてくるシングル曲が自分にとっての唯一の接点である。まあ、デビュー当初を見逃したのは残念だったが、バンドとしてのクオリティ自体は「悪くはないな」という程度の評価で、自分の中では決着してしまっていた連中であった。当然ながら彼らのセカンドアルバムなどというものには何の関心も持たなかったといってよい。

今年にはいって、イギリスのフェスティバル会場でステージ間を徒歩移動をしていたときのことだった。少し離れたメインステージから流れてくる聞きなれない音楽のすばらしさに驚き、そして感動して足を止める、というような経験を久しぶりにしたのである。あわててプログラムに目をやると、バンド名は Noah And The Whale。そうか、と思いなおしてバンドに目をやったとたんに演奏は終了し、観客の歓声と共にメンバーは手を振り消えていったのであった。

これはちょっと、やってしまったなー、というのがそのときの正直な気持ちで、このバンド、ちゃんと追いかけておけばよかったなあ、といわゆる後悔先に立たずである。まあしかし先に立たずではあるが、これから改めてしっかり観にいけばよい。そう思いなおして調べてみたところ、彼らの新作セカンドアルバムは、世間様からも大絶賛の様子。実際のところ急成長バンドとして更なる高評価を得ているようなのだ。

こうしたポジティブ・レビューを先に目にしてしまっていたら、彼らはオレからさらにどんどん離れて行ってもはや何の接点もないバンドとして視界から消えていたかもしれない。幸運にも一瞬の偶然の出会いがあったために、このバンドの良さを再認識することができたのである。

すぐさま手にいれたセカンドアルバムをじっくり聴きこんで、彼らの今年最後の演奏となるパリ公演を昨晩堪能してまいりました。なんというかいろんな教訓を得たバンドだったが、ライブ道求道者としては謙虚な気持ちで初心に立ち返りたい、などと思う年の暮れである。

Nw_2

@ La Maroquinerie

「♪昨晩、知らない娘と寝ちまったよ。」という出だしで始まる切ないラブソング。その曲を演奏する前にステージ上でメンバー2人お互いを見ながら「昨日のオレタチのこと歌ってるみたいだな、ぐっしっし・・」となかなかやんちゃな若者達である。自分達は「PUNKである」と言っているのは、そういうことか?

とはいえオレは演奏終了後、しんみりしながら彼らのうたを口ずさみつつ、小雨そぼ降る石畳( By クール・ファイブ)をいつものようにひとりひたひたと歩いて家路を急いだのであった。

Img_4345_1

会場をでてすぐのサヴァール通り。普段は不良の黒いひとたちも多いが、昨晩はこのあまりにもさびしげな「クリスマス電飾」がこころに染み入った良い光景だったので、撮影。

« Lissy Trullie | トップページ | Male Bonding »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/32546783

この記事へのトラックバック一覧です: Noah And The Whale:

« Lissy Trullie | トップページ | Male Bonding »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31