« The Pains Of Being Pure At Heart | トップページ | Caribou »

2010年3月30日 (火)

Delphic

< 2009. 08. 29 @ NME/Radio One Stage, Reading Festival '09 >

< 2010. 02. 16 @ Nouveau Casino, Paris >

「良いライブ」の定義はいろいろあると思うのだが、ミュージシャンの調子の良し悪しや演奏の出来不出来といった先方頼みの要素だけではなく、自分自身の決断と努力によってそのライブが極上のものになった、という経験をした。ライブ鑑賞のポジション取りがうまくいったのである。

その夜オレはひさしぶりに Delphic を観に出かけたのだが、会場に入ったのが前座バンドの終了直後、さすがに人気の満員御礼で、文字通りぎゅうぎゅうのすし詰め状態である。www.myspace.com/delphic 一歩も前に進めないばかりかステージも拝めない。このままでは何のためにやってきたかわからない、と一瞬ひるみかけたが、次の瞬間オレは確信を持って周りの人間を掘り進めながら最前列まで行く決断をした。

オレは心理学の専門家ではないが、長年のヨーロッパ暮らしの結果こっちの人間の行動心理を実体験を持って深く学んでいたからである。ヨーロッパ人の行動心理、それは常に「なにも考えていない」という原則に貫かれていることをオレは知っているのであった。

たとえばのハナシ、海外から飛行機に乗って成田空港に到着したとしよう。日本人用のパスポートコントロール窓口が仮に3箇所開いていたとしたら、その3箇所に並ぶ人間の数は自然に均等に調整されてくる。あとから並ぶ人間は、できるだけ短い(と自分が感じる)列に並ぶのがフツーだからだ。ところが欧州のいろいろな町で経験するのは、この原則がかならずしも当てはまらない、ということだ。さすがに窓口がすぐ横に並んでいたりすると一応は自然の調整機能が働くわけだが、もしひとつの窓口だけがぽつんと離れた場所にあったりすると、とたんに人々の注意が払われなくなる。つまり、ほかの列は長蛇でならんでいるのに、すこしはなれたところにはヒトが一人か二人しか並んでいない窓口が存在したりするものなのである。

同じようなことはフェスティバル会場でもよく経験する。

大型小型を問わずテントステージに人気者が登場する場合、観客がごった返してしまうのはよくあることである。テントの外まであふれかえるヒトの海。それにつられてさらにヒトがどんどんと集まってくる。こうなった時点で、もう中のステージを堪能するのはほぼ不可能に思えることだろう。ところがヒトの波が流れる導線をはずして、テントの逆側に足をはこんでみよう。テントの左側が混沌状態だとすれば、右側の前方にむかってみるのである。するとどうしたことか、ほとんどの確率でそのあたりはヒトもスカスカで、テントに容易に入り込めるのみならず、ずんずんと奥まで入っていけてしまうものなのである。

これらのことから導き出される結論は何か。それは欧州人の行動心理上の原則は「なにも考えていない」ということに他ならない。「すいているところがあるかもしれないから探してみる」というアクションを起こす中枢神経があまり発達していないのかもしれない。いずれにしても、オレのようにこざかしい日本人からしてみればまるで「チャンスの国アメリカ」状態である。その時点で「もっとも良い場所」を探しだすことの出来る天性の才能を持った日本人にとって、ヨーロッパはぬるい戦場であるともいえる。

そんなわけでオレはとにかく Delphic を最前列で堪能するべく行進をはじめた。たしかに最初の10メートルほどはかなりのしんどい思いをした。隙間のまったくない中、ムッシューやマドモアゼルたちを無理やり押しのけて前進するのである。かなりイヤな顔をされるのはいたしかたない。ところが、ある地点にいったんたどり着くとどうだろう。観客は適度な間隔をあけて立っており、そのどこに身を入れても違和感はないし、邪魔にも思われない。そしてさらにずんずんと一番前まででてみると、そこにはヒトがまったくいない広大なスペースが。オレはパリにいながら「ここは自由の国アメリカか!」とこころで叫ばすにはいられなかった。会場内の気温も上がってきたので、オレはコートをステージそでにたたんで置くと、ステージ左側の最前列に陣取った。もうすこしステージ正面に移動することも可能だったが、みるからに爆発的なダンスを踊りだしそうな観客数名の姿を確認したため、すこし恐れをなして、横にずれたのである。その時点でオレのうしろ3メートルはヒトがまったくいないフリーゾーンである。オレは適切な判断と勇気ある行動によって、絶妙のポジションを獲得することが出来たのであった。

メンバーがステージに上がってきた時点でオレとの距離1メートル。アルバム発表直後の彼らの絶好調ライブをしっかり堪能させていただきました。バンド自体もすばらしかったが、彼らの力だけに頼ることなく、自分自身の気力でなしとげた良いライブであった。なかなかみみっちいハナシだが、オレとしてはかなり充実した夜だったのである。

Img_4668_1_2

@ Nouveau Casino

キツネつきのひとにパリジャンはやさしい。大声援を受けていた。

Delphic

@NME/Radio One Stage

« The Pains Of Being Pure At Heart | トップページ | Caribou »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/31682466

この記事へのトラックバック一覧です: Delphic:

« The Pains Of Being Pure At Heart | トップページ | Caribou »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31