« The Band Of Holy Joy | トップページ | The Pains Of Being Pure At Heart »

2010年3月 3日 (水)

The XX

< 2009. 08. 30 @ Festival Republic Stage, Reading Festival '09 >

< 2010. 02. 18 @ La Cigal, Paris >

去年の晩秋の頃だったか。ロンドンの空港で飛行機の出発を待っていたときに読んだ新聞のサプリメント(付録の雑誌)に書いてあった記事のはなしだ。

マーキュリー賞2回ノミネートの経験を持つ実力派 Bat For Lashes こと Natasha Khan に関する特集が組まれていた。その記事のインタビュアー兼ライターは、取材で観にいった彼女のライブ会場で経験した印象深いできごとを驚きをもって書き留めていた。それは彼女のシングル曲 [Daniel] が演奏されたときである。ライターが自分の周りを見回してみると、驚いたことに近くにいた男性の観客(おそらく大のおとな)が、何人も何人も皆ハラハラと涙をながしながら Natasha の姿を凝視していたという。

オレ自身は、つのだじろうの恐怖漫画を読むとおそろしくてすぐに泣いてしまうような弱虫ではあるが、なにもライブ会場でさめざめと泣かなくてもなあ、かんべんしてくれよ、という意見の日本快男子でもある。[Daniel] が情緒的かつ感動的な曲であることには同意できるが、そんな湿っぽい楽しみ方は、オレの考えるライブ道にもとる!とまあ、すくなくともこの記事を読むのが数ヶ月早ければ、きっとそう思っていたに違いない。

この雑誌を目にするすこし前のことだが、オレはそのとき初めて姿を見るバンドのライブ会場で、一曲目のイントロが奏でられた瞬間にすでに男泣きをする、という経験をしてしまった。最近ついにNME のカバーをも飾った話題の新人 The XX のステージを最前列で見たときのことである。www.myspace.com/thexx  , www.thexx.info そのオープニングは、まんま [Intro] というインスト曲で始まったのだが、ギター演奏開始後わずか数秒にしてオレの涙腺はゆるんでしまったのである。これでは Bat For Lashes のファン・ボーイズを笑えないではないか。

年甲斐もなく、のっけからすっかりヤラれてしまったわけだが、ステージが進むにつれて演奏の緊張感も更に高まり、おれ自身もどんどん興奮していくのがわかった。ステージ上の動きがこれほどまでに地味なバンドで、このように充実して楽しめたライブは過去なかなかなかったのではないか、とも思う。2009年のマイ・ベストライブ番付は、 Man Like Me の『笑いライブ』と、この The XX の『泣きライブ』で東西横綱決定、としたい。(ちなみに The XX と同じタイミングで見たイアン・ブラウンのカスのような、なめとんのかオマエというようなステージは『怒りライブ』の横綱でした。ある種、朝青龍級。もしくは双羽黒。)

まあ、なんにしても今のうちに一度は見ておいたほうがいバンドであることは間違いない。ただし、今もっともチケットが入手しづらい連中でもある。ツアーは軒並みソールドアウト。はじめから泣きにいく目的で人情話の寄席に行くご隠居と同じノリで、直後のパリ公演に行こうとしたがすでに売り切れ。今年に入ってやや大き目の会場でようやく再会を果たすことができたが、混んでてよく見えず。無念です。

Xx1_2

@ Festival Republic Stage

演奏が始まる直前、バンドのスタッフと思わしき連中がステージ前でいくつもの段ボール箱をおもむろにガシガシ空けはじめるや、中からバンドのマーチャンダイズ(商品)をとりだして観客に配りはじめた。バンドのロゴ入りTシャツが観客に無料でふるまわれたわけだが、オレは最前列に陣取っていたおかげもあって、いの一番にそれをゲットすることができた。こんなありがたい経験をしたのは、長いフェスティバル人生の中でも初めてかもしれない。オレがいい歳をしてうかつにも涙を流してしまったのは、うれし泣きだったのかもしれない、ということにしておこう。

Xx3 当日の戦利品

Xx2

@ La Cigale

メンバーひとり減ってました。

●アリさん、コメントありがとうございます。

Blond Readhead のお姉さんでさえあんなに「ぐるんぐるん」動くのに、このバンドのステージにはほとんど動きらしい動きがありません。まさに、動かざること山の如し。で、こっちは鳥肌たつことアルミホイルを指でひっかくが如し、ということで、希少な才能を持ったバンドだとおもいます。来日公演は東京だけのようですが、ことしの各種フェスティバルでは目玉の一つになるのではないでしょうか。パリでは伝統あるコンサート会場で3回目の来仏公演が決定したところです。

« The Band Of Holy Joy | トップページ | The Pains Of Being Pure At Heart »

音楽」カテゴリの記事

コメント

最近更新されてなかったので久しぶりにきてみたら
またかっこいいバンド情報が!

blonde redhead や interpolがなかなか新譜を
出さないので、こっちに浮気します。

The xxって人達は来日するんですね!
しかも東京だけって‥
一週間以上日本にいるみたいなので是非京都へ!

毎回楽しみです。ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/31682530

この記事へのトラックバック一覧です: The XX:

« The Band Of Holy Joy | トップページ | The Pains Of Being Pure At Heart »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31