« Pony Pony Run Run | トップページ | Steve Mason »

2010年6月13日 (日)

The Lotus Eaters

< 2010. 06. 11 @ Barfly, Camden, London >

わたくしこと funga77 はこの道一筋34年ほどになる年配の者である。

「この道」の一環に含まれるであろう「ライブ道」求道(入門11年目)についてはそれが何を指すのか過去に何回がこのブログでも触れてきたが、「この道」自体、すなわちひたすら英国音楽市場の最新動向をフォローし続ける、という行為は、たとえそれが自分自身の一番の趣味であったとしても、よく今まで続いているなァと、すくなからず感慨深いものがある。

まず一番最初にフォローしたバンドは Dr Feelgood であった(東芝EMI当時のファンクラブにも入会済。会員は全国で20名ほどでした)。時代は1975-6年のいわゆる「PUNK前夜」だ。最近で言えば、さきごろライブを見た Chapel Club とか Darwin Deez など、とりあえず話題なので観にいったという新人さんになるのだろう(バンドの国籍に関わらず、英国マーケットでの活躍をめざす方々、もしくは英国マーケットで注目をあつめるヒトタチ)。

まあなんにしても、たゆまず「新しい音」を長年ミーハーに追い続けてきたところがミソである。本当の最先端の音に詳しい方から見れば、かなりぬるいことをやっていることは否定できないし、音楽情報の生き字引みたいな方からすれば、オレの方は素人の域を出ないことは十分心得ている。だけど、この30有余年という単位で、言ってみればインディやオルタナティブ系と一般に称される分野を一貫して飽きることなく続けて追いかけてきたことは、我ながらではあるがゴクローさまでした。ホント。

とはいえこの長い年月の間には「危機」もあって、ようするに「飽き」かけたこともあるのを思い出す。

特に「この道」に入門した高校生時代には、ちょうどPUNKの発生からニューウェーブへの発展期があって、驚くべき新しい音楽が次から次へと出てくるものだから純粋にどっぷりのめりこんでしまったので、かなりマニア化した領域まで一気に突進したのである。その反動、とでも言ったらよいだろうか、1982-3年頃になると新しい領域の音楽が増えてきすぎたためになかなか追いかけられなくなってしまった。ちょっと疲れてしまったのだ。どうもこのころになると、自分の好きな音楽であるか否かを問わず、新しいものすべてを追いかけなければいけない、という脅迫観念に近いものにとりつかれていたようである。

で半年くらいのあいだ、あまり新しい音楽を聴かない期間というものができてしまった。そうするとまた新しい情報から遠ざかってしまうので、なんとなくなし崩し的に音楽趣味に対して距離ができてしまったのである。ここでずるずると行ってしまって今日に至れば、オレは70年代のPUNKにだけやたら詳しい、「昔の音楽はよかったよ~。今の音楽はみんなかつてのパクリでカスみたいなもんだなー。」と威勢はいいが周りの若い方々からはからはまったく尊敬されないおやっさんになっていたことだろう。(注:今のオレが若者から尊敬されているわけではまったくないが、もののたとえとして)

この「危機」を救ってくれたバンドが The Lotus Eaters である。www.myspace.com/thelotuseatersuk 偶然近所の貸しレコード店で見かけたのだが(この頃になると、レコードも買わずに貸しレコード店にあるような「ぬるい」モノだけしか聴かなくなっていた)、この店にしてはちょっとばかり気合の入った品揃えという感じがしてさっそく借りてみたのである。

結果は捨て曲なしの大当たりで、久々に「この道」を目覚めなおすきっかけとなりました。こういういいバンドが、今の世の中には他にもいっぱいあるかもしれないのである。自分から積極的にどんどん探しに行かなければいけない。そう決意を新たにし、「この道」に再入門、以来小さな紆余曲折はあったものの基本的には一貫して一修行僧の立場をつらぬいてきた。 The Lotus Eaters は、オレが信仰を誤りそうになた時に助けの手を差し伸べてくれた「師」とも呼ぶべき人たちである。まさに「蓮(はす)」の上に乗っていそうなカンジではないか。

解散以降地味なソロ活動があったものの基本的にはヒトマエにあまり出てこなくなった彼ら。まあ、お呼びもかからなかったのだろう(オレは輸入版ソロ活動12インチシングルとか買い集めていたが、コレはつまらんかった。)。最後にロンドンで演奏してからもう10年もたつという。そんな彼らが何を思ったのか新アルバムを出すらしい、と聞いた。それに合わせたのかカムデンの Barfly で演奏すると言うものだから、オレは早速チケットを購入し、昔のお礼を言いに出かけたのであった。

ピーターもジェレミーもすっかりパブでサッカー観戦の似合うオヤジさんに成り果てていたが、観客は見かけが輪をかけた切なさのオジとオバである(含むオレ)。かれらの代表曲をすべて網羅したアコースティックのセットは、なかなか感動的なものであったし、会場の定員の半分にも満たない観客ではあったが、その声援の大きさとやさしさは普段の Barfly で経験するものよりは格段上のものであった。

途中ピーターが「新しいアルバム作ってはあるんだけど、発売できるかどうかな~。」と言うのを聞き、オレは即座に「とにかく買わせていただきます」と、いまや即身仏のような髪形になってしまっている彼にむかって心の中で手を合わせたのであった。

Tle

@ Barfly

ちなみにオレが MySpace をはじめたとき、真っ先にフレンズ・リクエストを申し込んだのは彼らThe Lotus Eaters 師に対してである。当時の彼らの近況を知りたかったからだ。それから数年かかってしまったが、今回ついに会うことができてとてもよかった。

ところで彼らの演奏が始まる前、会場では Dr Feelgood のアルバムがずっと流されていたが、個人的にはとても因縁深いものを感じたしだいである。初心を忘れず「この道」を突き進め、というお告げのように聞こえたのであった。

●コメントバックできないので、追記します。

コメントありがとうございます。そうなんですよねぇ、ツアーらしきものもおこなう予定のようです。正直言うと、こうして目にすることのできるバンドだとは思っていませんでした。長生きはするものです。

« Pony Pony Run Run | トップページ | Steve Mason »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Lotus eatersのLove still flowsがすんごく好きです。ほぼこの曲しか彼らのことを知らないのですが、復活しているんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460350/35227966

この記事へのトラックバック一覧です: The Lotus Eaters:

« Pony Pony Run Run | トップページ | Steve Mason »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31